新規量子ビームによる医用材料の表面改質
技術者豊田 紀章(兵庫県立大工学研究科)
技術分野表面科学、イオンビーム
技術移転
共同研究
受託研究
技術相談・指導

大学
兵庫県



新規量子ビーム(ガスクラスターイオンビーム)を用いた医用材料の表面改質・細胞付着性向上

新規量子ビーム(ガスクラスターイオンビーム)を用いた医用材料の表面改質・細胞付着性向上

企業のみなさまにつなげたい技術(シーズ)

ガスの塊(クラスター)を表面に衝突させる独自技術を用い、ポリマーや医療用材料の表面改質を行っています。これまでエンジニアリングプラスチックであるPEEKで作成した非金属製脊椎インプラントの細胞付着性を向上させるなど、医療用器具の表面改質への応用を進めています。本技術は、ポリマーだけでなく、金属・半導体・合金など幅広い材料の表面改質に応用可能です。
企業のみなさまにつなげたい技術(シーズ)

活用が想定される分野例

・医療分野/メーカー
・ポリマーを使った医療器具の表面改質
・コーティング、表面平坦化
・ポリマーの低損傷表面分析

技術の活用例


技術の活用例

シーズのご紹介

(1) Arや酸素のクラスターをポリマーに照射することにより、エンジニアリングプラスチックであるPEEK表面を改質し、細胞付着性を向上させることに成功しました。(兵庫県COEプログラム応用ステージ研究:(公財)新産業創造研究機構、神戸大学医学部、木下技研、兵庫県立大)
(2) ガスクラスターイオンビームは、表面での化学反応促進や表面平坦化効果などユニークな照射効果を示すため、高精度エッチングや超鏡面の形成など幅広い応用が期待されます。
シーズのご紹介
公開情報:特許情報、参考文献、ホームページなど
リサーチマップ https://researchmap.jp/ntoyoda
Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Gas_cluster_ion_beam

企業のみなさまへ

豊田 紀章(兵庫県立大工学研究科)
兵庫県立大学大学院工学研究科電子情報工学専攻の豊田です。
ブースNo“F”で展示しています。ご興味を持って頂けましたら、是非お立ち寄り頂けますと幸いです。共同研究等以下の「支援メニュー」のご相談にも積極的に応じますので、宜しくお願い致します。

支援メニュー
技術移転
共同研究
受託研究
技術相談・指導

企業に対する支援メニューについて、上記4つカテゴリー分けの中で該当しないものはボックスの背景を白にして文字は黒色にしてください。さらに支援メニューの詳細についてはコメントで記載ください。

周辺研究
兵庫県立大学先端医工学研究センターではこれ以外ののシーズも多々ございます。代表的なシーズ紹介シートをブース内に準備しておりますので、是非ブースNo“F”にお立ち寄り下さい。


■本ページに係るお問合せ先

兵庫県立大学 産学連携・研究推進機構
TEL 079-283-4560  E-mail sangaku@hq.u-hyogo.ac.jp

先頭に戻る