超音波映像からの三次元計測システム
技術者森本 雅和(兵庫県立大学先端医工学研究センター)
技術分野超音波信号解析
技術移転
共同研究
受託研究
技術相談・指導

大学
兵庫県



卵胞超音波画像から卵胞を三次元解析することで 卵子の有無を判別し不妊治療患者の負担を軽減する

卵胞超音波画像から卵胞を三次元解析することで
卵子の有無を判別し不妊治療患者の負担を軽減する

企業のみなさまにつなげたい技術(シーズ)

超音波画像装置は,非侵襲で体内の様子を知ることができるため,様々な病院で活用されています.本シーズでは,超音波映像から卵胞の三次元計測を行い,その特徴量を人工知能により解析することで,卵子の有無を事前に推定します.これにより,不妊治療患者の負担を軽減しつつ,最適なタイミングでの採卵を可能とします。
企業のみなさまにつなげたい技術(シーズ)

活用が想定される分野例

・医療分野/メーカー
・超音波画像診断を一層活用したい病院
・非破壊計測を行う企業
・不妊治療を実施するクリニック など

技術の活用例


技術の活用例

シーズのご紹介

不妊症の治療法である体外受精では,超音波映像で卵胞を確認しながら,卵巣に注射針を刺して採卵を行います.このとき,卵子を持たない空胞を事前に判別することができれば,無駄な穿刺を避けることができ,患者の肉体的・金銭的負担を軽減することができます.これまで,卵胞の断面画像で卵子の有無を判別しようと試みてきましたが,より高精度での判別を実現するために,超音波プローブに加速度センサを取り付けることで,卵巣の三次元形状を計測するシステムを開発しました。
シーズのご紹介
公開情報:特許情報、参考文献、ホームページなど
リサーチマップ https://researchmap.jp/morimoto_masakazu
兵庫県立大学研究者データベース http://kyoin.u-hyogo.ac.jp/staff/eng/morimoto/

企業のみなさまへ

森本 雅和(兵庫県立大学先端医工学研究センター)
兵庫県立大学先端医工学研究センターの森本です.
本テーマ以外にも様々な超音波信号解析・画像認識システムに関する研究開発を行っています.共同研究等,以下の「支援メニュー」のご相談にも積極的に応じますので,よろしくお願いいたします。
支援メニュー
技術移転
共同研究
受託研究
技術相談・指導


周辺研究
兵庫県立大学先端医工学研究センターにおきましては、本資料でご紹介しましたシーズ以外のシーズも多々ございます。ご興味のある方は、まずはお気軽にご相談ください。


■本ページに係るお問合せ先

兵庫県立大学 産学連携・研究推進機構
TEL 079-283-4560  E-mail sangaku@hq.u-hyogo.ac.jp

先頭に戻る