NEXT関西イノベーション・マッチング 発表機関一覧

← NEXT関西イノベーション・マッチング2021

企業
あっと株式会社 公式HP

3秒で健康チェック!世界初の毛細血管解析システムを起点としたオープンイノベーションのご提案


個別相談の申込はこちらから

キーワード

新健康指標、毛細血管、ゴースト血管、創薬、機能性食品、測定、光学機器、医療機器、ウェルネス、画像処理、クラウド、AI、健康診断、健康経営
発表内容
弊社は、世界初の“毛細血管テクノロジー”を提供するヘルスケア・未病領域のベンチャーです。人の指先の毛細血管画像を解析することで、3秒でその人の健康状態が分かる世界初の毛細血管解析システムを開発しています。弊社は、皮膚を傷つけず、容易に指先の毛細血管を観察できる毛細血管スコープを開発し(図1)、そこで取得された毛細血管画像(図2)を、クラウド解析システム「CASRating」を用いることにより、毛細血管の長さなどの項目を3秒で自動解析することを世界で初めて実現しました。その結果、現在の毛細血管の状態をもとに健康状態を点数化し、同時に食生活の偏りや運動不足など、病気になる兆候の「未病指標化」を容易に行うことが可能です(図3)。また弊社と東北大学の共同研究成果として、緑内障患者の毛細血管が脆弱化している事が、2020年10月に緑内障学会で発表されました。現在、弊社の技術は健康カウンセリングなどに使われており、将来的には生活習慣病未病リスクを算定するシステムとする事を目指しております。

<本イベントを通じて解決したい技術的課題等>
  • ・毛細血管スコープの自動化版の量産化

連携イメージ
連携イメ
|ジ
1

大学、研究機関の皆様へ

「毛細血管研究の進展と、病気や変化のメカニズムの解明」
毛細血管スコープにより既存検査・病気・健康状態と毛細血管関係がわかってきており、毛細血管の脆弱化が病気や未病(不定愁訴など)の原因になったり、老化と関係している事も研究が進んできています。一方で毛細血管に関係する事は交絡因子が多い事もあり、病気との関係や毛細血管変化の機序など、未だ分かっていないことは多岐に渡ります。弊社の毛細血管スコープと数万人もの毛細血管を観察してきたノウハウと取得した膨大な毛細血管データを活用し、共同研究をしていただける方を募集しております。

連携したい内容

・毛細血管スコープの活用による現行の研究のさらなる進展
現在研究が進んでいる毛細血管の脆弱化と病気や未病、老化との関係性についての分析において、毛細血管スコープを活用したさらなる研究の深化を進められる連携先が必要だと考えております。
・毛細血管スコープを活用した病気との関係や毛細血管のメカニズムの解明
毛細血管の動きには、様々な要因がかかわっていることから、まだ判明していないことは多岐にわたります。そこで、弊社の毛細血管スコープを使用して病気との関係や毛細血管のメカニズムをともに研究していただける連携先を募集いたします。

連携方法

■民間企業との連携方法

共同開発・共同事業

技術移転

その他

■大学・公的研究機関等との連携方法

共同研究

委託研究

技術相談・指導

その他


補足事項

近畿バイオインダストリー振興会議様と毛細血管ラボ・社会実装コンソーシアムを2021年8月に設立し、毛細血管画像を健康指標として確立すること、およびその社会実装を行うことを目的に活動を展開しております。 

連携イメ
|ジ
2

企業の皆様へ

「毛細血管指標の事業化確立と市場開拓」
毛細血管スコープにより既存検査・病気・健康状態と毛細血管関係がわかってきており、毛細血管の脆弱化が病気や未病(不定愁訴など)の原因になったり、老化と関係している事も研究が進んできています。そこで弊社の毛細血管スコープと数万人もの毛細血管を観察してきたノウハウと取得した膨大な毛細血管データを活用し、毛細血管指標を用いた商品・サービスの効果を検証、エビデンスを示すことで、個別化医療・個別化健康の新しい取組みを連携先とともに始め、市場開拓を進めていきたいと考えております。

連携したい内容

「病気の状態をよくする」「健康状態を向上させる」「身体の機能を向上させる」商品は様々あり、身体の不調の指標となる数値がどれくらい改善されたかを用いてその効果を証明されています。しかし、健康な状態がさらに良くなっている事を証明できている指標はあまりないのが現状でございます。そこで、身体中に張り巡らされている毛細血管の状態が「病気の状態が改善した」「健康状態が向上した」「身体の機能が向上した」と判断するための評価に使われ始めています。毛細血管の状態をよくできる商品・サービス(毛細血管改善ソリューション)が求められているため、毛細血管指標を用いた商品、サービスの検証から医療や健康面の取組みまで、協業できる企業様を募集しております。

連携方法

■民間企業との連携方法

共同開発・共同事業

技術移転

その他

■大学・公的研究機関等との連携方法

共同研究

委託研究

技術相談・指導

その他


補足事項

近畿バイオインダストリー振興会議様と毛細血管ラボ・社会実装コンソーシアムを2021年8月に設立し、毛細血管画像を健康指標として確立すること、およびその社会実装を行うことを目的に活動を展開しております。

連携イメ
|ジ
3

企業の皆様へ

「毛細血管スコープの全体または部品を応用した連携のご提案」
・毛細血管スコープは構造上、レンズ・センサー・光源・モニターにより構成されています。これらのパーツを改良し、様々な分野へ活用することで、更なるイノベーションを生み出せると考えています。一例として、動物用(マウス・ラット・ミニブタ)や人の口腔内用の毛細血管スコープの開発ニーズがあり、弊社で対応できないところを協業できる先を模索しております。

連携したい内容

・毛細血管スコープは構造上、レンズ・センサー・光源・モニターにより構成されています。これらのパーツをニーズに応じて弊社が改良し、提供することで、新たなイノベーションが起こせないかと考えております。新たな活用をご提案いただける連携先をお待ちしております。
・現在、動物用(マウス・ラット・ミニブタ)や人の口腔内用の毛細血管スコープの開発ニーズがあり、弊社で対応できないところ(アタッチメント試作など)を協業できる先を模索しております。

連携方法

■民間企業との連携方法

共同開発・共同事業

技術移転

その他

■大学・公的研究機関等との連携方法

共同研究

委託研究

技術相談・指導

その他


補足事項

近畿バイオインダストリー振興会議様と毛細血管ラボ社会実装コンソーシアムを設立

連携イメ
|ジ
4

企業の皆様へ

「自動化版毛細血管スコープの実現に向けた試作・量産化での連携」
既存の毛細血管スコープは技術習熟度の高いオペレーター(操作者)が必要で、自動化版毛細血管スコープの開発を行っており、原理試作はできたものの、これから試作・量産化するにあたって、弊社のみでは解決できない課題があるため、協業できる企業様が必要です。 

連携したい内容

現在、弊社では毛細血管スコープの操作の工程を自動化した製品の試作や、量産化を進めたいと考えております。現在原理試作はできましたが、試作・量産化に際しては、弊社のみでは解決できない課題(モーター駆動部・光学系試作)がございます。連携してこの事業を進められる企業様を募集しております。

連携方法

■民間企業との連携方法

共同開発・共同事業

技術移転

その他

■大学・公的研究機関等との連携方法

共同研究

委託研究

技術相談・指導

その他


連携イメ
|ジ
5

企業の皆様へ

「毛細血管スコープを導入したヘルスケアビジネスの構築」
毛細血管スコープを導入した新しいヘルスケアビジネス構築を目指したいと考えております。毛細血管の状態を健康指標として活用し、病気を予防できるように、毛細血管スコープをこれまで以上に普及させることにより、誰もが気軽に毛細血管の様子を検査できるような、ビジネス体制をともに築いていただける企業様を求めております。

連携したい内容

誰もが気軽に毛細血管の状態を調べ、病気の予防に役立てていただけるように、毛細血管スコープの導入をこれまで以上に進めていきたいと考えております。現在、薬局などを中心に毛細血管スコープを導入いただいており、薬局のほかにもまとめて導入頂ける事業者様や、まとめて導入頂けるところをご紹介頂ける企業様に販売パートナーになって頂き、毛細血管スコープの普及を進めていきたいと考えております。

連携方法

■民間企業との連携方法

共同開発・共同事業

技術移転

その他

■大学・公的研究機関等との連携方法

共同研究

委託研究

技術相談・指導

その他


連携イメ
|ジ
6

企業の皆様へ

「毛細血管スコープを使用した新規事業開発」
弊社の毛細血管スコープを用いて、ヘルスケア分野に限らず、新たな事業開発を目指したいと考えております。

連携したい内容

弊社の提供する毛細血管スコープを活用した、ヘルスケア事業やヘルスケアにとどまらない幅広い分野での新規事業への応用を模索しております。パートナーとなってくださる企業様からのご提案を募集しております。

連携方法

■民間企業との連携方法

共同開発・共同事業

技術移転

その他

■大学・公的研究機関等との連携方法

共同研究

委託研究

技術相談・指導

その他


関連情報等

■特許情報や参考文献・関連記事等のインターネット情報等
(特許情報)
武野團、指先血管観測方法、観測装置、観測サーバ、観測システム及び観測プログラム、特許第6186663号
武野團、金子俊和、毛細血管の遠隔評価用複合サーバ装置、毛細血管の評価方法および評価プログラム、特許第6379374号
武野團、中根和昭、真原仁、河口直正、毛細血管の画像処理方法および画像処理プログラム、並びに毛細血管分析診断装置、特許第6551729号
武野團、待谷貴央、水野敬、渡辺恭良、血液異常予測装置、血液異常予測方法、及びプログラム、特許第6906188号

(参考文献、関連記事など)

<毛細血管ラボ>
http://lab.kekkan-bijin.jp/
<Yahooゴースト血管説明>
https://news.yahoo.co.jp/feature/933
<NHKスペシャルゴースト血管が危ない>
http://www.nhk.or.jp/special/kekkan/
<NHKガッテン毛細血管ケアSP>
https://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20160713/index.html

個別相談の申込はこちらから トップへ戻る