NEXT関西イノベーション・マッチング 発表機関一覧

← NEXT関西イノベーション・マッチング2021

企業
イーセップ株式会社 公式HP

ナノ多孔性セラミック分離膜による効率的なバイオエタノール製造と固体酸化物形燃料電池(SOFC)への応用開発


個別相談の申込はこちらから

キーワード

バイオエタノール、分離膜、ナノ多孔性セラミック分離膜、固体酸化物形燃料電池(SOFC)
発表内容
近年、地球温暖化防止対策や石油代替燃料を目指して、とうもろこしなどの生物資源を利活用したバイオエタノールの活用が求められています。
バイオエタノールは、以下の図にあるように、固体酸化物形燃料電池(SOFC)へ適用し、SOFC排熱と分離膜を用いたオンサイト水素精製・発電により、カーボンニュートラルなバイオマス燃料・水素キャリアとしての有用性の実証を目指している状況です。
そこで、弊社ではNEDO事業にて改良を進めてきたナノエタノールを濃縮するナノ多孔性セラミック分離膜を活用した、バイオエタノール製造の高効率化を試みています。具体的には、発酵生成物であるエタノールは、発酵液中の濃度上昇に伴い酵母の活性低下の原因となるため、発酵系から連続的に生成エタノールを膜分離・回収することで、エタノール発酵の促進とエタノール収率の向上を試みています。
弊社は分離膜技術を専門としていますが、発酵技術自体は特に得意とする訳ではないため、エタノール発酵自体について先行して研究開発されている方とのマッチングを希望します。

弊社は分離膜技術を専門としているが、発酵技術自体は特に得意とする訳ではない。そのため、エタノール発酵自体について先行して研究開発されている方とのマッチングを希望します。
連携イメージ
連携イメ
|ジ
1

大学、研究機関、企業の皆様へ

弊社は分離膜技術を専門としているが、発酵技術自体は特に得意とする訳ではない。そのため、エタノール発酵自体について先行して研究開発されている方とのマッチングを希望します。膜分離技術も活用することよりバイオマス資源をより効率良くエタノール等有価物に転換できる技術を構築することによって、地域未利用バイオマス資源を有効活用し、カーボンニュートラル社会の構築に貢献したいと考えております。

連携したい内容

先行してエタノールの発酵技術開発を取り組まれている企業様、研究機関様の技術と弊社膜分離技術を融合させることによって、より高効率なバイオエタノールの製造および利活用システムの構築を目指したいです。

連携方法

■民間企業との連携方法

共同開発・共同事業

技術移転

その他

■大学・公的研究機関等との連携方法

共同研究

委託研究

技術相談・指導

その他


関連情報等

■特許情報や参考文献・関連記事等のインターネット情報等
(参考文献、関連記事など)
イーセップ社HP掲載の技術・事業紹介資料
「ナノセラミック分離膜が拓く次世代型化学プロセスとカーボン・ニュートラル社会への貢献 」
https://esep.kyoto/wp-content/uploads/2021/07/【HP抜粋用】eSepVision2021_210715更新.pdf
個別相談の申込はこちらから トップへ戻る