NEXT関西イノベーション・マッチング 発表機関一覧

← NEXT関西イノベーション・マッチング2021

企業
株式会社AutoPhagyGO 公式HP

健康長寿社会実現のための
オートファジー研究成果の産業活用


個別相談の申込はこちらから

キーワード

オートファジー、健康長寿、大阪大学発ベンチャー、オープンイノベーションプラットフォーム、食品・化粧品・医薬品素材開発
発表内容

オートファジーは、細胞内に蓄積した老廃物などを取り囲み、分解・除去、リサイクルする機構であり、生体の恒常性の維持に重要な役割を担っています。オートファジーは2016年に大隅良典先生がノーベル生理学・医学賞の受賞したことで注目を浴びましたが、近年オートファジーの研究は飛躍的に発展し、寿命延長経路に必要なメカニズムであることが見出されています。オートファジーの働きは、年を取ると鈍くなり、老化関連症状・疾患が発症することが明らかになっています。そこで、オートファジーを調整することにより、老化に関連した様々な現象や疾患の予防・治療を行うことが出来る可能性があります


弊社は、素材開発等を目的としたオートファジー活性測定およびオートファジー機能解析を、商業活用レベルでのサービスとして提供している世界で唯一の会社です。オートファジー活性測定のフローチャートは複雑で、正確なデータ取得のためには各ステップで高度なノウハウが必要になります。弊社では、大阪大学吉森研究室で確立された、ヒト培養細胞を用いたオートファジ―活性測定法(tfLC3アッセイ)等を用いて、オートファジー活性評価による素材スクリーニングおよび機能解析が実施可能です。また、世界のオートファジー研究を牽引する大阪大学の吉森研究室を中心とした医・薬学研究ネットワークへのアクセスが可能です。
連携イメージ
連携イメ
|ジ
1

企業の皆様へ

私たちは、最新のオートファジ ―研究の成果を通じて、広く健康長寿に貢献したい と考えています。オートファジーの活性調整を通して、老化の予防や老化関連疾患を改善させる食品・ドリンク・化粧品・医薬品・生活習慣等、もしくはオートファジーの活性検査手法を共同研究開発し、製品化・発売を目指します

連携したい内容

クライアント企業様のご興味のある素材の中からオートファジー活性調整作用を持つ素材をスクリーニングし、その機能解析を行います。共同開発の中ではIn vitro, in vivo試験および臨床研究におけるオートファジー関連試験を行い、クライアント企業の商品開発に付加価値を提供いたします。

連携方法

■民間企業との連携方法

共同開発・共同事業

技術移転

その他

■大学・公的研究機関等との連携方法

共同研究

委託研究

技術相談・指導

その他


補足事項

クライアント企業の希望に応じて、他の共同研究先企業とのマッチングや3社間共同研究を実施することも可能です。

関連情報等

■特許情報や参考文献・関連記事等のインターネット情報等
(参考文献、関連記事など)
https://autophagygo.com/
https://autophagy-conso.com/
個別相談の申込はこちらから トップへ戻る