NEXT関西イノベーション・マッチング 発表機関一覧

← NEXT関西イノベーション・マッチング

発表機関

凡例/

企業(オレンジ文字)

大学、研究機関、行政機関(青文字)

1

13:05~13:25

2

13:25~13:45

4

14:05~14:25

5

14:25~14:45

9

15:55~16:15

14:25~14:45
大学
京都工芸繊維大学 公式HP
情報工学・人間科学系 インタラクティブ知能研究室
助教 田中 一晶 氏
すべての人に健康と福祉を
リアルな身体接触感覚を創出する本発表の技術で人同士や人とシステムとの絆を強化し「すべての人に健康と福祉を」という目標に貢献する


人の手のような触感・体温・握力を持つ
ロボットハンドの開発


個別相談の申込はこちらから

キーワード

ロボットハンド
身体接触
テレロボティクス
テレプレゼンス
エージェント
インタラクション
発表内容
本発表では,社会的結合(家族,友人,恋人等の親しい社会的関係を構築・維持するための絆)を強める身体接触を可能にするロボットハンドの要素技術と、そのロボットハンドを対話インタフェースに融合する技術について紹介する。
このロボットハンドは,人の手のような柔軟な触感、体温、握力を再現するものであり、例えばビデオチャットに取り付けて離れた場所にいる人と握手を行うと、相手と同じ空間にいる感覚や、相手への親しみを強める効果がある。本技術は人との絆を繋ぐ機能を対話インタフェースに付与するものであり、テレプレゼンスだけでなく、対話を通してサービスを提供するエージェントやロボットに応用できる可能性がある。
現在の接客ロボットは目新しさが無くなるにつれ客寄せの効果は無くなってしまう。本技術によって親密な身体接触を可能にすることで客や従業員との関係が改善され、店員として働くことが可能になるかもしれない。
また、本技術を義手に応用することで、人に触れる・触れられるという親密なインタラクションが行いやすくなる可能性がある。

連携イメージ
連携イメ
|ジ
1

企業の皆様へ

活用が想定される分野例


人にサービスを提供するエージェントやロボットを開発している企業

技術の活用例


身体接触を通して安心感等のポジティブな感覚を人に与えるサービスロボット
例えば,ペットロボット,子どもの見守りロボット,看護ロボット,一人暮らしの孤独感を低減する話し相手ロボット,離れた場所にいる人との対話を仲介するロボット等

連携方法

技術移転

共同研究

受託研究

技術相談・指導

その他

補足事項

連携イメ
|ジ
2

企業の皆様へ

活用が想定される分野例


医療・福祉ロボティクスに関する研究開発を行っている企業

技術の活用例


リアルな身体接触感覚を創出する義手,遠隔触診のためのロボットハンド
身体接触によって患者に安心感を与える看護ロボット
一人暮らしの孤独感を低減する話し相手ロボット

連携方法

技術移転

共同研究

受託研究

技術相談・指導

その他

補足事項

連携イメ
|ジ
3

企業の皆様へ

活用が想定される分野例


遠隔コミュニケーションに関する研究開発を行っている企業

技術の活用例


離れた場所にいる家族,友人,恋人との身体接触を仲介するシステム
身体接触を再現する携帯端末(スマートフォンと連携するデバイス等)
在宅での登校を可能にするテレプレゼンスロボット

連携方法

技術移転

共同研究

受託研究

技術相談・指導

その他

補足事項

関連情報等

■特許情報
[1] 田中 一晶, 中西 英之, 山下 直美, 大和 淳司, 触覚提示システム、触覚提示方法、およびプログラム, 国立大学法人大阪大学, 日本電信電話株式会社, 特願2015-104373, 2015年5月22日.
[2] 田中 一晶, 中西 英之, 岡島 知也, 山下 直美, 大和 淳司, 顔映像実体化システム、実体化装置, 国立大学法人大阪大学, 日本電信電話株式会社, 特願2015-031285, 2015年2月20日. 特許第6452152号, 2018年12月21日.
[3] 田中 一晶, 中西 英之, 大城 健太郎, 山下 直美, 大和 淳司, 物体受け渡し装置、物体受け渡しシステム, 国立大学法人大阪大学, 日本電信電話株式会社, 特願2015-025637, 2015年2月12日. 特許第6355203号, 2018年6月22日.
[4] 田中 一晶, 中西 英之, 加藤 良治, 山下 直美, 空間合成システム, 国立大学法人大阪大学, 日本電信電話株式会社, 特願2014-029072, 2014年2月19日. 特許第6156934号, 2017年6月16日.
[5] 田中 一晶, 中西 英之, 大西 裕也, 山下 直美, 映像実体化システム, 国立大学法人大阪大学, 日本電信電話株式会社, 特願2014-029071, 2014年2月19日. 特許第6044047号, 2016年11月25日.
[6] 田中 一晶, 中西 英之, 和田 侑也, 山下 直美, 双方向遠隔身体接触システム, 国立大学法人大阪大学, 日本電信電話株式会社, 特願2014-012112, 2014年1月27日.
■参考文献、関連記事など
[1] 田中 一晶, 和田 侑也, 中西 英之, 遠隔握手: ビデオ会議と触覚提示デバイスの一体化によるソーシャルテレプレゼンスの強化, 情報処理学会論文誌(推薦論文), Vol.56, No.4, pp.1228-1236, 2015.
[2] Hideyuki Nakanishi, Kazuaki Tanaka and Yuya Wada, Remote Handshaking: Touch Enhances Video-Mediated Social Telepresence, International Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI2014), pp.2143-2152, 2014. (acceptance rate: 22.8%)(Best Paper Honorable Mention Award)

個別相談の申込はこちらから トップへ戻る