本プログラムは、おかげさまで盛況のうちに終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

関西の研究機関・大学等による技術交流フェスタ テックコネクトカンサイ2019 Tech Connect KANSAI 2019 技術の繋がりで新たなイノベーションを

Tech Connect KANSAI 2019」 は、関西の研究機関・大学と企業の出会いの場を創出します。本イベントでは、オープンイノベーションの最新動向についての基調講演の他、研究機関・大学の技術シーズや産学連携活動を紹介するブース展示、各機関最新の技術シーズのプレゼンテーションを実施します。

チラシ

ダウンロード

PDF:1MB


概要

日 時

平成31年1月15日(火)10:30~17:00

会 場

大阪産業創造館 3F 「マーケットプラザ」
/大阪市中央区本町1-4-5

アクセス

Osaka Metro「中央線」「堺筋線」の
「堺筋本町駅」から徒歩約5分

主 催

近畿経済産業局

対象者

産学連携や研究機関・大学等のシーズに興味がある中小企業等、産業支援機関、金融機関 など

先頭に戻る

プログラム

展示会&
個別面談
10:30 ~ 17:00 (個別面談は10:55〜17:00)
研究機関・大学等ごとに展示ブースを設置し、各機関の総合案内や技術シーズのご紹介から個別のご相談に応じます。

出展機関 一覧






大学 立命館大学

高分子化学、機能物質化学、機能材料・デバイス、ソフトロボティクス/
円偏光反射・発光性フレキシブル材料の開発

大学

国立大学法人 京都工芸繊維大学

ブース出展のみ


大学 公立大学法人 兵庫県立大学

ソフトウェア・AI・ディープラーニング/
人工知能を活用した医用画像処理システム


大学 国立大学法人 和歌山大学

ソフトウェア・ロボット制御・ディープラーニング/
実応用指向の機械学習アルゴリズム

セミナー
10:50 ~ 16:10
■研究機関・大学等の技術シーズの活用に関する基調講演I&II(各40分)
■研究機関・大学等によるシーズプレゼンテーション(各8分)

10:40主催者挨拶
10:50 基調講演I
講師: 坂井 貴行氏

「産学連携によるイノベーション創出」

講 師: 坂井 貴行 氏/神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科 教授
三菱自動車工業株式会社を経て、日本の産学連携・技術移転の黎明期である1998 年から立命館大学にて同業務を始める。 関西TLO 株式会社・取締役、米国コーネル大学客員研究員、徳島大学教授 兼 株式会社テクノネットワーク四国・代表取締役社長を歴任、一貫して大学の科学技術の商業化による新事業創出を担当。
内閣府、経済産業省、特許庁、神戸市などにおいて、産学連携・中小企業・ベンチャー・地方創生に関する有識者委員を務める。NHK 四国羅針盤「どう育てる地方ベンチャー」、テレビ東京「ガイアの夜明け」などに出演。

11:30施策紹介(近畿経済産業局)
11:40施策紹介(NEDO/ 新エネルギー・産業技術総合 開発機構)
11:50 シーズ・プレゼンテーション
  • (11:50~)
    安価にできるIoT・AIシステムのプロトタイプ開発技術/ 大阪府立大学

  • (12:00~)
    人工知能を活用した医用画像処理システム/ 公立大学法人 兵庫県立大学

  • (12:10~)
    高効率化、漏洩電磁界の軽減を実現するワイヤレス給電システム/ 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学

  • (12:20~)
    実応用指向の機械学習アルゴリズム/ 国立大学法人 和歌山大学

  • (12:30~)
    生分解性プラスチックの海洋生分解性評価/ 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 関西センター

  • (12:40~)
    流体機器開発のためのバルブ性能評価技術/ 滋賀県東北部工業技術センター

  • (12:50~)
    熱硬化性樹脂等の高精度分析技術/ 京都府中小企業技術センター

  • (13:00~)
    化粧用具等の使い心地の科学~ヒトの感覚を計測する~/ 地方独立行政法人 京都市産業技術研究所

  • (14:10~)
    有機塩を使用した難溶性多糖類の溶解技術/ 福井県工業技術センター

13:30 基調講演II
講師: 坂本 真一郎氏
13:30~14:10

「産学連携プロジェクト成功の秘訣 ~あらゆるイノベーションは、たった一人の「熱」から生まれる~

講 師: 坂本 真一郎 氏/株式会社リバネス 執行役員 CMO
東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程単位取得退学。2005年、リバネス入社(2人いる第1号社員の1人)。研究開発事業部を立ち上げ、研究者の研究時間を確保することを目指してバイオ系受託サービス「BioGARAGE」を開始。その後メディア開発事業部、地域開発事業部、人材開発事業部を経て2012年より執行役員に就任。研究者の研究環境を改善することを目指して2008年に「リバネス研究費」事業の立上げ、2015年には研究者のアイデアデータベース「L-RAD」事業の立上げを実施。また2008年から武田薬品工業と連携して創薬事業の魅力を伝えるビジネスシミュレーションを開発し、同シミュレーションを展開する一般社団法人日本ライフサイエンス教育振興協会の理事を務める(2015年~)。

14:10 シーズ・プレゼンテーション
  • (14:20~)
    独自のマイクロフロー合成装置「マイクロフローCSTR」とそのアプリケーション開発/ 滋賀県工業技術総合センター

  • (14:30~)
    食品・化粧品等の物性改良や素材開発ためのバイオ技術/ 地方独立行政法人 大阪産業技術研究所 森之宮センター

  • (14:40~)
    微生物を用いた鹿革からの溶出ホルムアルデヒド抑制/ 奈良県産業振興総合センター

  • (14:50~)
    吸着・イオン交換を利用した有価金属の分離回収技術/ 独立行政法人 国立高等専門学校機構 奈良工業高等専門学校

  • (15:00~)
    CNT糸の超高圧液体処理による高強度化/ 地方独立行政法人 大阪産業技術研究所 本部・和泉センター

  • (15:10~)
    液晶コラーゲンの利用技術---コラーゲンゲル、コラーゲン繊維、コラーゲン中空糸---/ 兵庫県立工業技術センター

  • (15:20~)
    「フードプロセッシングラボ」を活用した食品加工技術/ 和歌山県工業技術センター

  • (15:30~)
    円偏光反射・発光性フレキシブル材料の開発/ 立命館大学

  • (15:50~)
    高視認性レンズ「ULTRA LENS」/ 近畿大学

  • (16:00~)
    あらゆる材料表面の強さ・劣化等を評価する技術/ 国立大学法人 福井大学

16:10施策紹介(近畿経済産業局)
16:20終了
先頭に戻る

事前申込

1月11日(金)17:30を持ちまして、事前申込は終了とさせていただきました。
たくさんのお申込み、誠にありがとうございました。
先頭に戻る

■本イベントに係るお問合せ先

事務局 株式会社 地域計画建築研究所( アルパック) 担当: 山部
〒541-0042 大阪市中央区今橋 3-1-7 日本生命今橋ビル 10F
TEL : 06-6205-3600 お問合せ
実施主体 近畿経済産業局 地域経済部 地域経済課
TEL : 06-6966-6011